東洋医学用語の解説を簡単に紹介します。

東洋医学用語について紹介します。

どうしても東洋医学のお話をすると聞き慣れない言葉や難しい単語多くでできます。

 

ここでは、簡単ではありますが、東洋医学で出てくる用語の説明をしたいと思います。

 

 

あくまでも簡単な解説になります。

 

東洋医学で使われる言語の意味や解釈は東洋医学に携わる治療家同士でも様々な意見が分かれるところです。

 

ここで紹介する解説は、あくまでも当院の施術に沿った解説になりますので、ご了承ください。

 

 

 

参考文献

 

積聚治療  小林 詔司 著  医道の日本社

 

続・積聚治療 小林 詔司 著 医道の日本社

 

東洋医学概論          医道の日本社

 

株式会社 医道の日本社

 

東洋医学用語集 | 浦安市 鍼灸なら 典元鍼灸院記事一覧

気の言葉の意味を調べると気(き,KI,Qi)とは、中国思想や道教や中医学(漢方医学)などの用語の一つ。一般的に気は不可視であり、流動的で運動し、作用をおこすとされている。しかし、気は凝固して可視的な物質となり、万物を構成する要素と定義する解釈もある。宇宙生成論や存在論でも論じられた。ウィキペディアフリー百科事典よりと記載されています。

精気の言葉の意味を調べると1 万物を生成するもとになるもの。万物の根源の気。「自然の精気」2 人の生命を活動させるもとになる力。精力。「精気を取り戻す」デジタル大辞泉の解説より@ 生命の源泉である元気。心身の根気。精力。 「 −がつく」A 万物を生成する天地の気。 「天地の−煥発して/帰去来 独歩」B たましい。精神。C すがすがしい空気。霊気。 〔同音語の「生気」は生き生きとした気力のことである...

陰陽の言葉の意味を調べると中国人の世界観を規定するもっとも基本的なカテゴリー。〈気〉の二側面をあらわし,陰の気は静,重,柔,冷,暗,陽の気は動,軽,剛,熱,明などをその属性とする。両者の交合によって万物が生まれ,その消長によって四季が形成される。両者は対立する二元であるが敵対するものではなく,太極(たいきよく)または道と呼ばれるものによって統合されており,たがいに引きあい補いあう。また,一方が進む...

太極の言葉の意味を調べると中国哲学において,すべての物の実在を規定する唯一の根元をいう。戦国時代の道家の間から,すべての物は一元から展開し,唯一性を有することが考えられ,これを太一と名づけた。『易経』繋辞伝は,これをとってすべての物の陰陽が変化する根元とし,これを太極と名づけ,そののちこの考えが長く行われていたが,宋の周敦頤が『太極図』『太極図説』を著わし,また朱子が「無極にして太極は理である」と...

虚実の言葉の意味を調べるときょじつ【虚実】〈虚〉を実体のないもの,うそ,偽り,〈実〉を実体のあるもの,まこととみる一般的な考え方と,〈虚〉は超越的な存在根拠であり,〈実〉はその具体的な現れであるという《荘子》風の考え方とがある。中国では古く《荘子》関係の思想書にこの言葉が見られ,以後詩文,書画,医学,兵学等の分野でもしばしば用いられた。 日本では主として近世の俳諧や演劇の方面で用いられ,その芸術観...

page top