陰陽とは何かを紹介します。

陰陽について考えてみる。

陰陽の言葉の意味を調べると

 

中国人の世界観を規定するもっとも基本的なカテゴリー。

〈気〉の二側面をあらわし,陰の気は静,重,柔,冷,暗,陽の気は動,軽,剛,熱,明などを
その属性とする。
両者の交合によって万物が生まれ,その消長によって四季が形成される。
両者は対立する二元であるが敵対するものではなく,
太極(たいきよく)または道と呼ばれるものによって統合されており,
たがいに引きあい補いあう。
また,一方が進むと一方が退き,一方の動きが極点にまで達すると他の一方に位置をゆずって,
循環と交代を無限にくりかえす。

 

世界大百科事典 第2版の解説より

 

と記載されています。

 

 

陰陽とは、陰陽というものが単独であるのではなく

 

「陰の状態の気」「陽の状態の気」を表す言葉

 

中国の思想家たちは、

 

万物が形をとって現れる状態

 

いっさいの現象は、

 

すべて正と反の二つの面(相対的な面)

 

をもっていると考えた。

 

「絶対概念を基本的に否定し、この世の全てのものは相対的な存在であること前提にしている。」

 

陰・陽の気はそれぞれ単独で存在するのではなく、

 

陰があるから陽があり、

 

陽があるから陰がある。

 

 

亢進

減退

強盛

衰弱

温熱

寒冷

乾燥

湿潤

六腑

五臓

 

 

 

陰陽とは、対立的であり、また統一的な関係。

 

対立は二者の間の相反する一面であり、
統一は二者の間の制約しあいながら、
同時にまた補完しあう関係。

 

 

対立が無ければ統一はないし、相反するものがなければ制約し、補完しあうこともない。

陰と陽の気は常に変化をしている。

陰・陽は固定的で等分されているのではなく、

 

常に流動的で、

 

「陰が増大すれば陽が減少する」

 

「陽が増大すれば陰が減少する」

 

の様に変化をしている。

 

陰陽変化

陰・陽の気は極まれば反対の気になる(陰陽転化)

陰極まれば陽となり、

 

陽極まれば陰となる

 

 

陰陽は増大・減少をバランスを取っているが、
一定の条件下では、それぞれが正反対の方向に転化する。

 

 

季節で例えると・・・

 

 

陰の気が極まっている状態(極陰)=冬至

 

陽の気が極まっている状態(極陽)=夏至

 

 

冬至【とうじ】

12月22日頃 冬至は「日短きこと至〔きわま〕る」という意味です。
日短きこと至るとは、一年で一番太陽が出ている時間が短い日ということです。
別の言い方をすると、この日は一年で最も夜である時間が長いということになります。
そのため、昔の人々は生命の終わる時期だと考えていたようです。
現在で もその厄を払うためにかぼちゃやお汁粉を食べ体を温めることで、
栄養をとり無病息災を願う風習が続いています。

 

日本文化いろは事典の解説より

 

 

冬至が一年で最も夜の時間が長い(陰・増大の極)日になり、
その日を境にまた陽が増大して陰が減少していく。

 

 

夏至【げし】

太陽が夏至点を通過する時。毎年6月21日ころ。
太陽は最も北(北回帰線上)にかたより,北(南)半球では一年中で昼(夜)が最も長くなる。
冬至の対。中国や日本の太陰太陽暦では二十四節気の一つ

 

百科事典マイペディアの解説より

 

 

夏至は一年で最も昼が長くなる。(陽・増大の極)
その日を境に陰が増大して陽が減少していく

陰陽転化

 

陰陽は増大・減少・転化を繰り返し絶えず円の運動をしている。

page top